就職・転職支援サービスランキング

 

 

認定看護師 問題点

やはり、人間関係です

■活躍するからこそです■
認定看護師といっても、一般の看護師であることには全く変わりはありません。役割が少し違うだけなの
だと思います。そこで、多くの人が、人間関係に悩んでいるのだそうです。実は、看護師さんが、仕事を
していくうえでもっともストレスを感じるものが人間関係なんです。当たりまえといえば、当たり前です
よね。うまくいけば、その職場での仕事は、非常に充実したものになりますが、人間関係がうまくいかな
ければ、転職を考える人も多くなってしまいますので。

一般的な看護師の場合は、同僚の看護師や、先輩看護師の主任、そして看護師長などの上司との人間関係になるのだと思いますけど、認定看護師の場合は、なんといっても「同僚の看護師」の嫉妬のような感情になや
んでいる人が多いと聞きますよ。それは、一般の企業とは違って、職場はほとんど女性という事があるのかも
しれないですね。女性って、かなり嫉妬深いですので男性であれば、乗り越えてやろうとか、あの人よりも
出来るようになろうとするものですけど。どうしても、女性が多いがゆえに、どろどろとした関係が出来て
しまうわけですね。それに、疲弊してしまうわけです。

こうなってしまうと、認定看護師になったことすら、後悔してしまう人もいるかもしれないですしね。せっ
かく頑張って資格を得たのに、その資格が原因で嫉妬の嵐になるようでは意味がありませんからね。上司
よりも優秀なんて事になると、上司からも妬まれる可能性があります。そうなると、お手上げですね。

 

簡単に受験する事は出来ません

■ハードルは高いです■
認定看護師は、誰でもなる事が出来るような資格ではありません。認定看護師になるには、日本国の
保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有していることが必要です。まぁ当たり前のことですね。ただ、
「日本国の」と明記している事もわかるように、「日本国籍」ではないのですね。近年、わずかばかり
ですけど、日本国籍以外で、日本で看護師として勤務している人が増えてきていますので、そう遠くない
未来に、認定看護師を取得する外国籍の人が誕生する可能性もあります。むしろ、外国籍の人は、キャリア
アップの思考がものすごく強いので、目指す人が増えてくるかもしれないですね。

保険師、助産師、看護師の資格を得たら、実務研修が通算5年以上であることが条件です。まぁエキスパート
と呼ばれている人ですので、5年くらいは最低勤務しておかないといけないわけです。それに加えて、そのうち通算3年以上は特定看護分野(がん化学療法やがん性疼痛看護、感染管理や緩和ケア、救急看護他、数十種類)での実務経験が必要となってきます。これも、意外と高いハードルですね。特に、総合病院系などになると、異動も頻繁に行いますのでね。今後は、看護師さんに人気の高いクリニックから、認定看護師の資格を得る
なんていう人も増えてくるかもしれません。

それに加えて、認定看護師の教育課程を修了していなければなりませんから。認定看護師教育課程は19種類の各専門分野別に教育機関が全国にあるのだそうで、連続した昼間の教育を「6ヶ月以上」受けることが原則と
なっています。6ヶ月ですので、短いように感じますけど、授業時間数は600時間以上、共通科目90時間以上、学内演習および臨地実習200時間以上等の課程がありますので、かなりハードといえます。こういう過程を
経て、認定看護師になる資格を得る事が出来るわけですね。

 

社会問題になっています

■なぜか不人気なんです■
個人的には理由は良く分からないのですが、現在、救急外来を受診する小児患者やその家族への対応が社会
問題になっています。そもそも、その背景には、小児科医の慢性的な不足、家庭における育児能力の低下、
地域における小児救急医療体制の地盤の弱さなど、さまざまな要因があるのだと思います。

救急外来を受診する子どもの多くは、それほど重篤な患者ではない、1次救急の患者なのだそうですが、中
には重症化する可能性のある子ども含まれているのだそうです。大人とは違って、子どもであるが故に、見
極めには高度な知識と判断が必要なのだそうです。そんな中、小児科医が不足しているわけですから、その
ような現場で勤務する看護師は、小児看護の経験や知識の不足から戸惑いを感じているようです。そんな難しい現場だからこそ、人気がないのかもしれません。

また、子どもの虐待への対応、育児力の低下している家族への支援ができる能力も、社会的になってきている
と思います。実際、この分の医療に携わる看護師に対し、社会的に求められてきています。つまり、小児救急看護とは、こうした社会的要請に応えるものであると同時に、子どもの健やかな成長発達のため家族も含め支援していくことを目的としているのです。

小児救急看護の教育課程では、まずは、育児不安が社会問題化している小児救急において、最新の知識や技術を持ち、専門性の高い看護を実践できる小児救急看護認定看護師を育成する事が目的です。ですが、相手が
子供という事で、いろいろな悩みを抱えている家族に対して、適切な対応が出来るようなるようなカリキュラムが組まれている事が多いです。

他の分野と比較すると、より「社会的な」側面があるのが、小児救急看護になると思います。難しい部分も
ありますけど、その分、やりがいも多いと思いますよ。

 

知らない情報があります

■能力があっても、知らなくてはどうしようもありません■
認定看護師の転職には、看護師専門の転職支援サービスを利用する事をおすすめします。というのも、
ただでさえ、一般の看護師とはレベルの違う認定看護師ですので、よりいい条件の医療機関を選択する事が
できるからです。それに、意外な盲点としては、各医療機関が、認定看護師の採用枠を設けているからなん
です。こんな事をいうと失礼かもしれないですが、例えば、すでに採用枠が埋まっていても、資格手当てを
支給しておいて、普通の看護師的な扱いをしてくる医療機関もあるんです。そんなところに引っかかってし
まうと、意味がないですので、

そこで、採用枠が埋まっていない医療機関を紹介してくださいという注文をつけることが出来るのです。
その辺の部分は、一般の求人情報には掲載していない事が多いです。せっかく、時間、お金、苦労をかけ
て手にした認定看護師の資格ですからね。なんとかうまく利用する手を見つけていくべきなんです。

転職支援サービスを利用すれば、その点の情報は全て教えてくれます。まらた病院のほかの看護師さんの
雰囲気、婦長さんの人柄なども教えてくれます。これは、転職支援サービス側が、実際に病院を訪問し、
関係者に話を聞いているからこそ出来るんです。一般の求人誌でも、営業活動はしているかもしれないです
が、それを転職希望者に教える事なんてありませんからね。それこそ、転職支援サービスを利用する大きな
メリットになるといえると思います。

 

募集は、それほど多くはありません

■競争率は、結構高いです■
認定看護師になる為には、教育課程を行わないといけません。それは、半年で600時間にものぼります。
平日の昼間に行うとして、一ヶ月で100時間行わないといけません。1日約、5時間ですね。こうしてみて
みると、それほど大変な時間ではないように感じますけど、それに加えて、自宅に戻っての勉強時間も
あるわけで、以外に大変と言えると思います。これまで経験してきた事の延長線上の事を勉強するとは
いえ、かなり厳しい事は理解しておかないといけません。

それに、どこにでも教育機関があるわけではないというのも、厳しいです。例えば、資格を有している
人がいるとしても、僻地に暮らしている場合は、教育機関に通う事が出来ないという事になってしまい
ます。独身の人の場合は、引っ越す事も可能になってくるかもしれません。ですけど、結婚している人
の場合は、経済的な事情だけではなく、いろいろな理由で、認定看護師を目指す事が出来なくなってし
まいますからね。

また、仮に、通学する事が出来る距離にあるとしても、定員はかなり少ないです。ほぼ全ての教育機関
の定員が30名を上回る事はないという感じなんです。認定看護師になりたいと言う人がどれくらいいるか
分からないですけど、それでも、間違いなく狭き門である事は間違いないと思います。教育課程に入る
事が出来ないと、認定看護師になる事が出来ないので、まずは、ここが大きなハードルになってくるのでは
ないかと思います。

 

Page top