就職・転職支援サービスランキング

 

 

認定看護師 資格取得

有利な病院もあります

認定看護師になる為には、資格取得のための教育を受けないといけないのですが、それが、「昼間」に
限定されているのが、問題なんです。非常に極端な事をいうと、一旦無職の状態にならないといけない
可能性もあるのです。

というのも、半年間、昼間です。そのほかにも個人的な学習をしないといけない事を考慮すると、資格
を取得する作業は、かなり大変なものになってきます。病院といおう職場ですので、夜勤をするという
手段も取れなくはないですけど、あまりに危険です。まちがいなく、勉強も出来ないですし、仕事も
ミスをしてしまうと思います。いくら、認定看護師になる事が出来たとしても、その時点で無職である
事は少なからず、不安な思いになります。ましてや、資格取得中はとても不安ですよね。資格を取得できる
保障なんてないのですから。

そこで、近年は、病院によっては、認定看護師の取得支援制度がある病院も多いとききます。支援制度にも
いろいろとあって、休職扱いにしてくれる病院もありますし、周りのサポートが得られる事もあります。休職
の場合は、病院からは無給になりますけど、国からの何かしらの補填があることもありますので、経済的には
なんとなるかもしれません。なので、認定看護師を目指したい方は、その辺りの制度・環境が整っている病院を探してみるのも良いと思います。やはり、資格を取得するときは、資格取得に集中できる環境がいかに整っているかも大事になってきますので。

 

今後、注目かもしれません

認定看護師というと、ものすごいプロフェショナルな感じがしませんか。そもそも、看護師という仕事
がとても「プロ」な仕事ですよね。というのも、看護師になろうと考えて、そのための学校に行き、国家
資格を受けないといけませんので。そんな資格は、そんなにはないと思います。

そんないわゆるプロなイメージの認定看護師の中でも、特に、プロ的な感じがするのが、「救急看護学科」で
はないかと思うのです。というのも、?救急患者は時と場所を選ばず発生するため、救急看護はあらゆる場面で行われるだけではなく、まさに、生きるか死ぬかというシーンがとても多いようなイメージがあるからです。
だからでしょうかね。医療系のドラマの中では、外科と同じくらい、緊急をテーマにしたドラマって多いような気がします。

ちなみに、緊急看護学科のカリキュラムとしては、看護管理、リーダーシップ、文献検索、看護倫理、指導
などの基礎的な学問を勉強するのが、270時間。その後、緊急看護概論、緊急看護技術などのより専門的な
学問を195時間、演習を120時間、実習が225時間あります。計、810時間もの時間を費やす事になります。
ちなみに、認定看護師の場合は、600時間でいいわけで、200時間もの時間を、余分に勉強しているわけ
ですね。半年間で200時間ですのでかなりの時間になってくると思います。個人的に興味があるのが、個別の
カリキュラムのなかでも、ダントツに多いのが実習であるという事です。やはり、知識だけを蓄えても、現場での実習が出来ないと意味がないと言うことなんだと思います。特に、緊急のような、一蹴の判断が求められる科目の場合は、なおさらなのかもしれないです。

 

時間を有効に使う

これは、認定看護師を目指している人だけではなくて、全ての資格を目指している人に共通の事なのかも
しれないのですけど、「時間の使い方」、「計画」がとても重要になってくると思います。というのも、
認定看護師の資格というのは、学校での6ヵ月間します。この6ヶ月間って、長いようでとても短いのです。
よくよく考えてみると、仮に4月に入学するとすると、10月には卒業なんです。びっくりしますけど、寒い
季節になる前に終わるんです。環境に慣れるだけでも、数週間要すと思いますし、連休などを考慮すると、
実質的な日数はとても限られてきます。その中で、いかに時間を有効に使用するかが大事なんです。あたり
前ですけど、1日は24時間ですから。

また、計画も大事です。つまり、資格取得後の知識、経験の使い方をよく考えて見るという事ですね。その
為には、患者さんと関われる「臨床経験」こそが看護のレベルにつながってくるといえるので、学校に行く前から、積極的に実体験を増やして行く事も大事になってきます。

また、「なんで?どうして?」の姿勢を持ち続けることがとても重要だと思います。人間というものは、興味
があるものにこそ、とてつもないパワーを発揮します。やらなければいけない受験勉強ではないわけです。そうすることによって新しい情報や体験を積極的に取りに行くようになりますのでね。よういう、能動的な姿勢
こそが、資格を取得する上では、大事になってくると思います。

 

都道府県別の人数について

認定看護師とは、いわゆる看護師のエキスパートの事をいいます。普通の看護師とは違っていて、資格を
取得するのに、600時間以上の教育課程を通過しないといけないですし、なにより、5年ごとに更新しないと
いけないというとても、位の高い資格といえると思います。

その認定看護師ですが、どの都道府県が一番多いと思いますか??多くの人の想像通り、東京が一番多いの
ですよね。その数、約    1100人程度です。現在の認定看護師が8000人代いると聞いたことがあるので、
その1割強は、東京の看護師と言う事になります。ついで、神奈川は744人、大阪が677人、愛知が498人、
北海道が476人と続いています。やはり、大都市と言われているところに、多くの認定看護師が多いような
傾向ですね。特に、首都圏に関しては、3200人以上もいて、30%を超える人を抱えていると言う事になり
ます。

反対に少ないのが、中国・四国地方ですね。全体で943人しかいません。病院の数が、首都圏などの大都会
に集中する傾向があるので、どうしようもない事なのですが、四国地方などは、老人なども多いですし、意外
に高度な治療法が確立していてもいいような感じがあります。例えば、緩和ケアの認定看護師が多く活躍して
いる地方のクリニックがあってもいいと思うのですよね。景色、環境がいいところでなくなるというのも、
これからの医療の一つの形になってくるような気がしますので。

 

有利な病院もあります

認定看護師になる為には、資格取得のための教育を受けないといけないのですが、それが、「昼間」に
限定されているのが、問題なんです。非常に極端な事をいうと、一旦無職の状態にならないといけない
可能性もあるのです。

というのも、半年間、昼間です。そのほかにも個人的な学習をしないといけない事を考慮すると、資格
を取得する作業は、かなり大変なものになってきます。病院といおう職場ですので、夜勤をするという
手段も取れなくはないですけど、あまりに危険です。まちがいなく、勉強も出来ないですし、仕事も
ミスをしてしまうと思います。いくら、認定看護師になる事が出来たとしても、その時点で無職である
事は少なからず、不安な思いになります。ましてや、資格取得中はとても不安ですよね。資格を取得できる
保障なんてないのですから。

そこで、近年は、病院によっては、認定看護師の取得支援制度がある病院も多いとききます。支援制度にも
いろいろとあって、休職扱いにしてくれる病院もありますし、周りのサポートが得られる事もあります。休職
の場合は、病院からは無給になりますけど、国からの何かしらの補填があることもありますので、経済的には
なんとなるかもしれません。なので、認定看護師を目指したい方は、その辺りの制度・環境が整っている病院を探してみるのも良いと思います。やはり、資格を取得するときは、資格取得に集中できる環境がいかに整っているかも大事になってきますので。

 

Page top