就職・転職支援サービスランキング

 

 

運営者ブログ

休職明けの出勤はドキドキ



仕事とプライベートで疲れてしまい精神的に不安定になり、一度休職した経験があります。
もう2年くらい前のことで、休職期間は2ヶ月くらいだったかな?
その時のことは今でも覚えています。
まず、休職中は職場の人に申し訳ない気持ちでいっぱいで、正直ゆっくりと休むことができませんでした。
みんな気を遣って、私には連絡をしないようにしていたようですが、それがさらに不安になりました。
「もしかするともう私はいらないのかな?」と思うこともありました。
それでも、1ヶ月くらいするとようやくその環境に慣れてきて、外出する機会が増えましたし、旅行にも色々行きました。
おかげで、気分がリフレッシュして、体調が良くなりました。
普通の職場だと2ヶ月も休職するとクビになりますよね?
この時ばかりは看護師になって良かったと思いました。
ただ、一応辞めた時のことも考えていましたよ。
辞めたら実家に帰って、家族と一緒に農業を手伝う予定でした。
そうならなくて、本当に良かったです。
そして、休職明けの出勤はドキドキでした!
「自分の居場所はあるのかな・・・」という不安でいっぱいの気持ちで出勤するといつも通りの職場でした。
別に心配する訳では無く、みんなずっと働いていたような感じで接してきました。
看護師の職場だな~ってこの時にあらためて思いました。
休職する人が多い職業なので、みんな慣れているのが印象的でした。


後輩からの電話が凄い

後輩が出来たのは良いのですが、最近電話の回数が多いです。
真面目な子なので、分からないことがあったら、ちゃんと聞いてきます。
ただ、休みの日や夜中に電話をするのは勘弁して欲しいです。
この前なんて、深夜2時くらいに電話がきました。
寝ぼけながら電話になると早速仕事の話になり、「この場合どうすれば良いのか教えてください!」と元気な声で聞いてきました。
凄くいい子なので、悪気は一切ないと思うけどさすがに夜中は駄目ですよね。
次の日、朝早かったので私もちょっと不機嫌になってしまいましたが、それでも聞いてくる後輩は凄いと思いました。
また、彼氏とデートをしている時に限って、電話がかかってきます。
楽しい気持ちの時の仕事の電話は凄くうざいです。
電源を切ったら、病棟からの連絡もつかなくなるので、それもできません。
悪い事ではないから、なかなか強く忠告することもできずに困っています。
この場合どうすればいいのかな?
先輩に相談しても、「別にいいじゃん」と相手にされませんでした。
実際にやられたらかなり迷惑なんだけどな。
それを理解してくれる人に相談したいです。
これがこれからも毎日続くと思うと先が思いやられます・・・。
本当に困りました。

 

履歴書を書くコツ


今日は、看護師の転職とか就職とかで必ず必要となる履歴書の書き方についてお話しようと思います。
履歴書を書くのが苦手という人は多いですが、ポイントさえ押さえることができればそこまで難しくはないです。
まず、書く時に大事なのは、丁寧に気持ちをこめて書くことです。
「自分はこういった人です!」というのを履歴書から伝わってくるように読む人の気持ちを考えて書きましょう。
そうすると誤字脱字なんてもってのほかです。
誤字脱字があると「いい加減な人」「注意不足」「大雑把な人」だと思われてしまい、看護師に不向きだという印象を与えてしまいます。
だから、絶対に誤字脱字はしないでください。
もし、した場合は修正液を使用せずに最初から書き直しましょう。
そして、全て正式名称で書くというのも大事です。
学校名や資格の名称を略して書いてしまう人がいますが、これはNG。
ちゃんと正式名称で書かないとイメージダウンです。
それと志望動機を書く場合は、他の病院と比較して、何が優れているのかを確認することが大切です。
志望動機は履歴書にとって大事な項目なので、絶対に手を抜かないようにしましょう。
自己PRは体験談と組み合わせることで、説得力が増します。



看護師を彼女にしたい人は忍耐が大切

看護師を彼女にしたいと思っている男性は、かなりの覚悟が必要です。
看護師というと優しいイメージがあるかもしれませんが、それは仕事だからです。
プライベートになると全く違います。
多分、付き合ったら分かると思いますが、優しいイメージとはかけ離れています。
基本的にみなさんプライドが高いです。
私もそうですが、看護師という職業にプライドを持っています。
だから、収入が低い男性を見下してしまう場合もあります。
世の中の男性のみなさまごめんなさい!
そして、不機嫌な時が多いです。
同棲をすると必ずといっていいほど、職場の愚痴を話すと思います。
それをちゃんと聞ける人なら良いですが、聞けない人は絶対に看護師と付き合わない方が良いです。
イライラして、ケンカになると思います。
私は毎回これで男性と別れています・・・。
また、一般常識をあまり知らない人も多いです。
他の業界の人と知り合う機会がないですし、ビジネスマナーを習う訳ではないので、会社員であれば誰でも知っていることも分からないことがあります。
それにいちいち反応してしまう人は看護師と付き合えないです。
そして、甘えられるよりも甘えたい人が多いので、女性に甘えたい人も向いていないですね。
包容力がある人が看護師の恋人に向いていると思います。

 

夜勤明けの使い道が下手



私はどうも夜勤明けの使い道が下手なようです。
他の人は夜勤明けを有意義に使っているようですが、私はいつも寝て終わっています。
体が疲れているというのもありますが、1回家に帰ってくると動くのが面倒になってしまい、そのまま次の日まで寝てしまうことが多いです。
夜勤明けの翌日は必ず休みなので、実質連休みたいなものですが、未だに上手く使うことができません。
今までこれでも別にいいかなと思っていましたが、同僚に「それもったいないですよ!」と言われてから、考えるようになりました。
確かに勿体無いといえば勿体無いかもしれません。
だから今、夜勤明けの使い道を考えています。
やりたいことを紙に書いてみると意外といっぱいやりたいことはありました。
その中でも特にやってみたいのが、習字です。
習字は子供の頃やっていて、結構自信があります。
大人になってから全くやらなくなりましたが、また最近やってもいいかなと思うようになりました。
調べたら近くに書道教室もあるようなので、早速次の夜勤明けに行ってみようと思います。
久しぶりなので、上手く書けるか不安ですが、少しずつ楽しみになってきました。
できれば、凄く上手くなって、人に教えられるくらいになりたいです。
そして、看護師を辞めたら書道教室を開きたいです。



看護師はそう簡単にクビにはならない

1ヶ月ずっと休んでいた同僚がようやく仕事に復帰しました。
てっきりと辞めると思っていたので、びっくりしました。
ちなみにその人が休んでいた理由は、精神的なものです。
プライベートで色々あったみたいで、それでずっと休んでいました。
でも、1ヶ月休んでもクビにならないって、凄いですよね。
看護師はやっぱり強いな~と思いました。
その人にさり気なく、辞めるように言われたのかを聞いてみると全くそういったことはなかったと言っていました。
むしろ、ゆっくりと休んで万全の体調で復帰して欲しいと言われたそうです。
普通の会社だとプライベートな理由で1ヶ月間も休んだら、辞めさせられると思います。
もしかするとうちの病院だけなのかな?
私も1ヶ月くらい休みたいですが、体も心も健康なので、休む理由が全くありません。
休んだら給料が減ってしまうので、できれば休みたくないし。
私はかなり仕事を楽しんでいる方だと思いますよ。
同僚とも仲が良いですし、仕事もできる方なので、文句を言われることもありません。
患者さんともいい関係を築いているし、給料もそこそこもらってるし。
今のところ、結構この病院を気に入っているので、しばらくはいようと思います。
そして、いつかは婦長になりたいです。

 

調子がいい!

最近、仕事の調子がいいです!
ミスもなく、順調に仕事ができています。
おかげで、気分が最高です。
それまでミスを連発して、めちゃめちゃ怒られていましたが、それが昔のことのようです。
別に何を変えたという訳ではありません。
少しでも早く寝るようにしただけです。
睡眠時間をいっぱいとりだしてから、全くミスをしなくなりました。
そして、体の調子も凄く良いです。
今まで、寝不足だったのかな?
今は最低でも7時間くらい寝るようにしています。
家に帰ってきて、ご飯を食べて、お風呂に入って、すぐに寝るような感じです。
ちょっと1日が物足りないような気がしますが、おかげで朝の目覚めが凄く良いです。
睡眠って本当に大事なんだなって思いました。
しかも、嬉しいことに肌が良くなりました。
ニキビがいっぱいありましたが、早く寝るようになってから、かなり良くなりました。
脂もちょっと減ってきたし。
仕事でミスが続いている看護師のみなさんは、寝る時間を増やしてみてください。
かなり効果があると思います。
たっぷり睡眠をとれば、集中力が途切れませんし、体力もあるので、1日フルで働くことができますよ!
ゲームをしたり、本を読んだりもしたいですが、仕事のために我慢して、これからもこの生活を続けていこうと思います。



1看護師の知識は何かあった時に便利

看護師の知識は何かあった時に凄く便利です。
例えば、自分や家族の体調が悪くなったとします。
そうすると症状で、どこが悪いのかが何となく分かります。
病院に行く必要があるのかなどを判断できるので、看護師の知識はプライベートでも役立っています。
だから、頻繁に具合が悪くなると家族や友人から電話がかかってきます。
「今、こんな感じなんだけど大丈夫かな?」という感じでかかってくるので、その症状を聞いてどうすれな良いのかアドバイスしています。
ただ、みんな勘違いしているのは、私は看護師であって、医者ではないです。
頼りにされるのは嬉しいですが、何でもかんでも聞かれても分からないものは分からないです。
「なんで看護師になのに分からないの?」といわれることがありますが、看護師だから分からないです!
医者と看護師は全く違うので、そこを勘違いしている人が多いです。
そのため、私に判断できない場合は、最終的には病院に行って検査してもらった方が良いと言うようにしています。
適当なことを言って大変病気だった場合、責任を取ることができませんし。
でも、ちょっと具合が悪いからといって、すぐに病院に行くのはあまりおすすめできません。
病院内は、風邪のウイルスなどがいっぱいなので、余計に体調を壊す危険がありますよ。

 

Page top